故障車・水害車買取ビジネスの収益のカラクリ

   2019/04/18

水害車などは、通常買取をしてくれたように感じるかもしれませんが、実際には買取をしてくれることがあります。
この時何も考えていなければ運がよかったなどと思うかもしれません。
ですが、そもそもなぜ水害に巻き込まれた車を買い取りしてくれるのでしょうか。
よく考えてみれば、問題を起こした車などわざわざ購入したいと考える人は皆無でしょう。
そこで、何故このような仕組みができあがっているのかのカラクリを見ていきましょう。

故障車に目をつけた賢いビジネス

水害車買取や故障車等は通常そのままで走行することができない場合もあります。
運良くそのまま走行することができたとしても、まっすぐ走らないことなどが多いため非常に問題になります。
普通に考えれば、途中で壊れるかもしれない自動車ですのでわざわざ高いお金を出して購入する人もいません。
仮に、定価の半額だとしてもお金を出したいと考えるしてはかなり珍しい人といえます。
それにもかかわらず、ビジネスをするのはそれなりの理由があります。
その理由とは、車そのものを再び売却するのではなくパーツをばらして使える部分だけを売却する方法です。
自動車全体的に問題があっても実はばらしてみると1部分しか問題がないことが多くなります。
例えば、故障者と呼ばれるものでもエンジンがだめになっただけでそれ以外のタイヤやホイールそしてシートなどが使える可能性も高いです。
このように、バラバラにすることで実は価値があることに気がつくでしょう。
これらのものを販売することができれば、業者ももうけることができることになるわけです。

需要と供給のバランスを見極める

水没車や故障車などを販売している業者には、それなりの収益があることが理解できるでしょう。
収益はそれほど大きくなっても、もともと価値のないものですのでつの業者ではなかなか使っていませんので、それを欲しがる人は必ず存在しています。
ホイールは、社外品の場合4本で300,000円位するものもたまにあります。
このように考えれば、パーツをばらすことにより収益を上げることができると言って良いでしょう。
つまり、ビジネスとしては需要と供給のバランスをよく考えて買取をしていることに気がつくべきです。
もちろん、中には需要がないものもありますのでこのようなものに関してはわざわざ海外融資を依頼あります。
もし、それなりの金額で買取をしてくれるとすれば、自動車自体にそれなりの価値があるかあるいはパーツ自体に価値があると言えます。
この辺は、誰が欲しがっているか言っても変わってきますのでその点を理解した上で売却をする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。