闇金相談は警察と弁護士どちらにするべきか!?

 

世の中には、一般市民が知らないような世界がたくさんあります。
いわゆるアンダーグラウンドと呼ばれるところですが、地下に埋まっているためほとんど知ることがありません。
ですが、あることがきっかけで扉をたたいてしまうと中に吸い込まれるように入り込んでしまいいつの間にか抜け出すことができなくなることもあります。
その一つが闇金になります。
闇金は、法律の範囲を超えて多くの金利を請求することで知られており、通常の200倍から300倍ほどの金利を請求してくるわけです。
この場合、弁護士と警察のどちらに相談したらよいでしょうか。

警察に闇金相談すると…?

一般的に、市民の味方になってくれそうなのが警察になります。
例えば、あまりない事例かもしれませんが包丁を持っている人に追いかけられた場合、とりあえず近くにある警察に飛び込めば、安心になります。
特に結界があるわけではありませんが通常はそこまで追いかけてくることはりません。
では、闇金に嫌がらせ受けている場合に嫌がる自分を警察が助けるかといえば実はそのようなことはないです。
そもそも警察が動く時は、何か事件性があるときで、例えば脅迫されているような時でも裏でこっそり動くかもしれませんが警察官がやってきても守ってくれるようなことはまずありません。
もしこれが事件に発展すればようやく動く可能性がありますので、たいていの場合は門前払いにされます。
具体的に述べると、闇金業者に殴られたような場合は傷害罪訴えることができますので警察に言った方がよいでしょう。
ですが、単にお金を借りて脅されている場合には手を貸してくれない可能性があります。

「弁護士相談代行」は流行るかも!

もし、こちらが嫌がるようなことをされたならば、お巡りさんよりも弁護士に依頼した方がよいです。
弁護士は、警察のように事件性がなくてもお金さえ払えば担当してくれるのがポイントです。
そのため、まずは弁護士の知り合いがいると良いですがなかなかそれは難しいですので、インターネットか何かで調べてすぐに電話をしてみましょう。
一体どれ位の金がとられるかわかりませんが、少なくとも闇金にそのまま払うよりも何十倍も得になるのは間違いありません。
しかも、脅してくる闇金業者も来なくなるわけです。
ちなみに、最近の法律事務所は相談するだけだと無料で行ってくれます。
弁護士に相談するときに敷居が高いと感じてしまう人のために、弁護士相談代行のようなものがあれば多くのお客さんが来てくれるかもしれません。
市民の困っている問題と法律家をつなぐ窓口として実際に行ってみると良いでしょう。
ただ、事前に法律的な問題がないかは確認しておかなければならないところです。

レコメンドHP
闇金相談は実績豊富な『イストワール法律事務所』へ
HP:https://yamikin-stop-histoire.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。